ブログ

> >

所得拡大促進税制にみる部分最適化

2016/07/18その他諸々

所得拡大促進税制という制度がありまして、

従業員の給与が増加すると税額控除を受けることが出来る可能性があります。

今まさにその計算をしていて、売上がどんどん増えているお客さんではありますが利益は

まだそれほどでもなく、税額控除も数万円程度の計算となりました。

が、ややこしい制度設計になっているので、ほとんど1日かかってしまいました。

私の人件費にはとてもじゃないですが釣り合いません。

お客さんは少し税金が減りますので、もちろん適用する訳ですが、私は大幅な赤字になります。

お客さんと私のトータルで見ると、大幅な赤字。

たぶん、適用できても使っていない会社さん多いんじゃないかな~

なんて思いながら作業していたんですが、

これって、政府が『使う人の目線』ではなく、

自分たちの目線で作った制度だからだと思います。

自分たちに都合が良い制度、つまり政府部門の部分最適化を図った結果、

日本全体で考えると、マイナスになっている。

少なくとも、中小企業にとっては役に立たないことが多いと思います。

税制改正を見ていると、このようなことがたくさんあるなと思いながら働いております。

さて、この部分最適化、全体不最適化という現象ですが、

大企業はもちろん、中小企業でも生じることがあり、気づかない経営者がたくさんいますので

ご注意ください。

初回相談無料!まずはお気軽にお電話又はフォームにてご連絡ください!

お電話でのお問い合わせ
06-6195-6811
フォームでのお問い合わせ
お問い合わせフォームはこちら
事務所概要

officeimg

事務所案内はこちら

BLOGTOPICS 一覧
カテゴリリスト
月別リスト
お客様の声
  • carta

    2014/11/14
    美容室A様
    以前の職場から知り合いで独立をきっかけに税務のお任せしました。仕事に対して真面目で新しいことに常に挑戦し取り組む方だと感じ、経営に対しての厳しさや気になる点などをうまく引き出してくれて本当に助かっています。
ページの先頭へ戻る